電子書籍は捨てる痛みを和らげてくれる

本は紙でないととずっと思っていました。

電子書籍なるものを、パソコンでダウンロードして見た事もあったけど、やっぱり紙に勝るものはないと感じていました。

なんか読む感動が無いのです。
本の手触り、字体の感触、文庫本の身軽さ、
小説特有の読んでいるうちにどんどん引き込まれていって、

それでも時代の流れでしょうか、ネット書店の電子書籍化は進んでいます。

読んだら捨てる、その手間隙を電子書籍は簡略化してくれます。

読んだら捨てるの代表は、

  • コミックやアニメなどの手軽な電子書籍、モバイルの隙間時間活用にも便利です。
  • 週刊誌や雑誌などは、紙だったら読んだら捨てるのですが、スペースも採らないので少しは寿命が伸びるかな。

もしかしたら、一般の図書も電子書籍でいいかな と思うようになりました。

きっかけは、楽天KOBO。

kobo

やっぱり専用のリーダーは、それなりに工夫されています。

アマゾンの Kindleも同じようなものでしょうけど。

読むストレスがあまり有りません。
画面の光具合とか、文字の間隔だとか、読みやすさに特化した専用機器だけのことは有ります。
自分に合わせた文字サイズにしておけば、読みやすさは、本物の本を凌ぐのではないでしょうか。

小説を読むなら楽天のKOBO。

電子書籍は、
楽天Kobo

読み終わったら本は捨てるべきかどうか という議論も過去のものになって行くのでしょうね。

時代の先端を行く評論家が書斎や応接間の本棚をバックに話している光景は、パロディの序章であるような気もします。